ゲーム日記

#5「A Plague Tale」久しぶりの味方

「ローレンシウスというお医者さんに会いに行って」という母の遺言を守る回。
ローレンシウスはユーゴのことをずっと診てくれている人らしい。

ゴポゴポしてるよ…

ユーゴが「見て見て」というから池を覗いてみたものの、今にも何かが出てきそうで怖いわ。


夕日。日が暮れる前にローレンシウスに会わないと死ぬで

A Plague Taleは背景がぼやぼやしたグラフィック。
ねずみうじゃうじゃ、死体からは臓器が飛び出てるゲームだけど、けっこう幻想的で上品な作品だと思う。

きゃーきゃー火よおおと右往左往するねずみたち

今回も明かりをかざして進みます。

ゴールは目前

明かりを押してみたり。

井戸の中

井戸があるとわざわざフォトモードを起動して中を見たくなっちゃう(これだから進まないんだ)。
ちゃんと水が入っておりました。良い井戸。


ローレンシウスさんーーー!!

やっと会えたよローレンシウス!味方に会うのは久しぶりな気がします。
ただ、ユーゴは悪魔の血を受け継いでいてなんだか大変らしいんですわ。

ひとまず納屋で作成中だったなんとか(忘れた)っていう、ねずみを撃退できちゃうらしいブツを取りにいくよ!つづく

Related posts
ゲーム日記

#12「A Plague Tale」あらたな仲間をゲットしたぞー!

ゲーム日記

#11「A Plague Tale」死体の描写に容赦がない

ゲーム日記

#10「A Plague Tale」ユーゴの謝罪

ゲーム日記

#9「A Plague Tale」安息地までの道のり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です