印象的なスクショ

子どもがいる人生

アサシンクリードオリジンズの1枚。
子どもが犠牲になる作品を観たりプレイしたり、またはニュースを見たところで特別な感情はなかったのだが、3年前に我が子が産まれてから一変した。
こんなに辛いことがこの世にあるのだろうかと、子供が死亡したニュースを見ると心がとてもえぐられてしまう。
アサシンクリードオリジンズもそう。
主人公の子供が殺されたという出来事から旅がスタートするのだが、悲しくて、辛くて、数日プレイすることができなかった。

子どもが産まれてから私の人生に感情がふたつ増えた気がする。
それは悲しみよりもさらに悲しい感情。もうひとつは、喜びよりもさらに喜びの感情。

Related posts
印象的なスクショ

ホラーゲームは実況を見て満足したい

印象的なスクショ

弟を思いやる気持ちに羨ましさを感じた

印象的なスクショ

死にゲーに耐えられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です