ゲーム日記

#6「A Plague Tale」師匠と弟子

ローレンシウスさんの弟子であるルカっちを引き連れて、ねずみを撃退できるブツを取りにいったりする回。

道中はいろいろあるんよ

そのブツがあるのはネズミがわんさかいる場所の地下。
ネズミには豚を食べてもらって、その間に地下へ行ったろう!という作戦を遂行している場面。


なにやら怪しい地下
ルカっちがかっこよく見えるね

ローレンシウスさんとルカっちは、医者というよりも錬金術師らしい。
ここでひろかに実験をしているようですな。
ネズミを撃退できるブツというのは、くすぶっている火に投げ込むと大きな火になるというやつ(いまだに名前がよく分からない…)
とにかく!火をおっきくできてネズミがいなくなるのだ!心強い~!


どうにもできなかった

いつのまにやらネズミでいっぱいになってしまったローレンシウス家。
2階で療養しているローレンシウスさんを救助しようと試みたけれど、ネズミと炎に包まれた家をただ傍観するだけしかできませんでした。

瞳にうつる炎

大切な師匠を助けられなかった。ルカっち、ごめん。

Related posts
ゲーム日記

#12「A Plague Tale」あらたな仲間をゲットしたぞー!

ゲーム日記

#11「A Plague Tale」死体の描写に容赦がない

ゲーム日記

#10「A Plague Tale」ユーゴの謝罪

ゲーム日記

#9「A Plague Tale」安息地までの道のり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です