ゲーム日記

#1「A Plague Tale」メインメニューがすでに気持ち悪い

ねずみがうじゃうじゃ出てきて気持ち悪いと話題の作品、ずっと遊んでみたかったので嬉しい。
ねずみに対して気持ちが悪い感覚を持ったことがないので気にしていなかったんですけど、

床一面にねずみがちょろちょろ

たしかに気持ちが悪いです。

歩くだけで幸せ

全体的にふんわりした肌感で雰囲気が良きです。木漏れ日の温度が伝わってきてあったかいですなあ~

戦いの古傷

一緒に歩いていたのはかっこいいお父上のロベール。

ベアトリスのメインカラーは緑

母上のベアトリスは聡明な顔立ちをしています。主人公のアミシアはお母さん似ですね。

奥は調理場

光と影の使い方にドキドキしちゃいます。

Related posts
ゲーム日記

#6「A Plague Tale」師匠と弟子

ゲーム日記

#4「Valheim」夕日を見に行っただけ

ゲーム日記

#5「A Plague Tale」久しぶりの味方

ゲーム日記

#3「Valheim」腰を下ろす日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です